忍者ブログ
インフォメーション
< 08月 2018年09月 10月 >
2 3 4 7 8
10 11 12 13 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
RSS

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

記 : ボビンに巻く
先日買ったミシンの話。
今日はボビンに糸を巻いてみたが、いきなり失敗して可笑しかった。
笑っている場合ではないのだが、こんなハズではなかったというか。

ミシンの説明書が分かりにくいとも言えるのだが、図を参考にしながら糸をかけた。
ペダルを軽く踏むと、わずかな踏み込みで一気に回転が上がって驚いた。

ボビンに糸が巻かれていくのだが、偏って巻いている・・・
とりあえず中断するためペダルを緩めて停止したが、ボビンを嵌めた軸に糸が絡んでいる。
停止直前に糸が絡んだらしいが、それにしても何故ボビンから外れて絡まったのか分からない。
ボビンの嵌め込みが浅い事はなかったのだが?

ボビンの糸を外してやり直すも、二度目も同様に失敗してしまった。
依然として原因は分からないままボビンの糸を外していると、思いがけない事があった。
糸巻の不具合とは無関係であるが、ミシン糸が途中で結ばれて繋いであった。
こんな事があるのかと驚いたのだが、これは針穴を通るのだろうか?
糸が切れるか針が折れるか、さてどうなるのだろうか。

三度目もまた失敗して、いい加減に嫌気がさして来たが・・・
糸かけの状態を確かめると、どうもテンションがかかっていない感じである。
まぁ、もともと変だなと思ってはいたのだが。

どうやら、途中の座金が重なったような糸ガイドに、糸を強く絡めるように引っ張ってやるのか?
きっとそうだろうな、他にはテンションを掛けられるような部分はないから。
そして四度目にしてやっとボビンの糸が平均に巻かれるのを見て、ホッとしたのだが。

その次は問題というか、なんというか。
ボビンに一杯の糸が巻かれると停止するとの事であるが、微妙な止まり方でハッキリしない。
ペダルを踏み込むと少しずつボビンが回ってしまうが、ここで踏み込む僕が悪いのだろう。
昔のミシンは、たしかパチッと音がしてクラッチが切れたような状態で止まったと記憶している。
まぁ、どうでもいい事かなと思うのである。

やっと糸を巻き終えたボビンを、ボビンケースにセットする。
久しぶりにボビンケースを触るが、相変わらず昆虫っぽいというか機械らしい雰囲気である。
なんとなく鉄人28号のような気もするし、不思議な形で面白い。

ボビンケースの板バネの所から糸を出そうとするのだが、バネの端の返りが邪魔で難しい。
こんなに面倒で難しかったかなと考えているうちに、爪を起こしていなかったのでポロリと。
逆さまにしなければ問題ないのだが、指先が滑ったりいろいろあって。
その後は板バネを調節中にも緩め過ぎて、スルッとヨーヨーのように落下したり。

いよいよミシンにボビンケースを装着・・・
ボビンケースを正面に入れると言うのは、まことにやり難い作業である。
やはり、左側から右へと横に入れるのがやり易いと思う。
ところで、ボビンケースから出ている糸はどうするのだったかな。
適当に放っておけば良いか。

下糸を引き上げるのは、ゆっくりと手で回しながら上糸を少し引っ張るようにするとか。
あれ、なかなか下糸が絡んでこない、それでも4回目くらいには下糸が上に出て来た。
どんなコツがあったのか思い出そうとするのだが、あまりにも古い事なので無理だ。

拍手[1回]

記 : お祭り
今日は少し離れた町が祭りだったので、母を連れ出して見物ドライブをした。
毎年のように同じドライブで祭り見物をするが、自動車から降りた事は一度もない。
たいがい、交通規制前に通って祭りの雰囲気を感じて、たくさんの神輿を眺めるだけ。
去年と今年は出掛けるのが遅かったので交通規制になっており、町の周囲を大回りしていた。
それでも、幾つも神輿の行列に出会ったので祭り見物になる。

我が家では、祭りといえば寿司がごちそうである。
帰りの車中で、母がなにやら旨い物が食べたいと言う。
なに、寿司を食べたいに決まっているのだが・・・

わざと意地悪く、アンパンでも食べるかと尋ねる。
すると、小さな声で「おすし・・・」と返事があった。

数日前に握り鮨を買って食べたのだが、やはり旨いものはいつでも食べたいらしい。
ただ、普段のご飯よりも酢飯は固いので、ここ半年ほどは鮨をあまり食べていなかった。
寒い時期だと冷えた酢飯がいっそう固くなるから・・・

拍手[0回]

記 : 注文確定せず
Amazonの価格表示が、インチキだ詐欺だとレビューで訴えている人がいる。
たしかに信じがたい怪しげな価格は存在しており、注文時によくよく注意が必要である。
「配送料無料」というのが危ない代表で、注文確定時にとんでもない送料を加算される事がある。

そもそも一つの商品に複数の販売者があり、それぞれの価格や送料が異なる場合がある。
これは一番の注意点であり、うっかり注文しようものなら酷い目にあう。



96円の商品に800円の送料なんて、とてもじゃないが・・・
しかもこの商品は、他の幾つかの販売者が送料込み150円くらいで販売している物である。
商品レビューに安くて★★★★★5と書いてあるのを見ると、つい勢いでポチっとしまいそう。
レビューには、販売者と価格について5W1H式での実態が書いていない事がほとんどだ。
過去には低価格の表示通りに購入できた事もあろうが、現在には通用しない認識が必要である。
もちろん価格以外の事についても、仕様変更されている事もある。

何事も安上がりにするのは、あんがい手間がかかってしまうものだ。
間違いないのは評判の良い有名メーカー製であるが・・・

拍手[0回]

記 : ブログの配色
検索やらで他人のブログを眺めるのだが、時に画面と文字色が刺激的で目が疲れる事がある。
内容が良い記事でも配色が悪いと僕は見ていられないので、とても残念だと思う事がある。
僕は背景が青色で文字色が黒なら文字が見えにくいし、白や黄色の文字だと目がチカチカする。
僕は自分のブログ色が目が疲れなくて良いのだが、もしかすると他人には不評かもしれないが?

一昨日は普段使いブラウザGoogleChromeの拡張機能を探して、色を変えられるものを見つけた。
うまい具合に動作するので、とても気分がよくなった。

拍手[1回]

記 : BBQ
一昨日の金曜日に息子が帰って来たので、薄暗くなった夕方からBBQで納涼会をした。
先日の台風21号以来ずっと風が強い日が続いていたが、一昨日は多少弱まっていたのでBBQ決行。

  

牛肉から始めてハンバーグ、そして写真のラム肉を焼いていた。
肉に飽きるとイワシの丸干しを焼き、大喜びで食べていた息子である。
カツオを焼いてタタキも良かったのだが、今年の夏はすでにカツオを食べ過ぎていたので・・・

コンロは2年前に買っておいた新品で、未使用なのでピカピカと光っている。
焼き網は100円ショップで買ったもので、惜しげなく使い捨てにして後片付けを楽にする。
焦げ付いた網をゴシゴシするのは、どうにも僕の性分に合わない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

翌日、昼過ぎに息子が帰ってから重大な事に気づいた。
とても危ない事であった・・・

前夜のBBQ開始時には風があって涼しく蚊もいなかったが、遅くになって蚊が出始めた。
そこで蚊取り線香を二つ使ったのだが、この蚊取り線香の片付けに問題があった。
BBQで使ったテーブルと椅子をログハウスに片付けた際に、蚊取り線香をテーブルに置いた。
普段の僕のやり方で、蚊取り線香の置台の縁に火のついた蚊取り線香を押し付けておく。
やがて数分間のうちに火が消えてしまうのだが・・・

この晩は違った、火が消える前にログハウス内の空箱がテーブル上の蚊取り線香を直撃した。
その事にまったく気がつかなかったが、幸いにも火災にならなかった。
まったく、危なかった・・・

拍手[1回]

記 : バッテリー
一昨日の昼頃に、スマホなどを充電できる携帯バッテリーが届いた。
Amazonのタイムセールで安くなっており、さらにキャンペーンで半額になった。
おかげで、破格の900円という驚きプライスで送料込みである。
容量は24,000mAhと言うが、ホントかと思いながらも話半分の12,000mAhでも許すと思った。
900円なら、しかも充電器も付いているし良いんじゃない・・・

災害時に使えると考えての購入であったが、まさか翌日に北海道の大地震とは驚いた。
停電してしまうとスマホも充電が出来なくなるから、ちょうど良いタイミング?
いや、べつにタイミングなど良くはない、なにしろ遠く離れた北海道の地震である。
我が家で揺れは感じず、もちろん停電などの被害もない。
ただ、もしも当地であったなら、きっとこのバッテリーが役立ったはずだ。

そして、今になって気付いた事がある。
僕はスマホを持っていないから、このバッテリーは意味がない。
さらに携帯電話は、このバッテリーから充電が出来ない。
PC接続用に携帯電話用のUSBケーブルがあるが、そのケーブルを使っても充電は出来ない。
これは、いざ携帯電話の充電をしようとした時に判明というか思い出した事である。
つまり、我が家の状況では、このバッテリーを緊急用に使う事が出来ないのだ。

なにか、とんでもない見当違いの物を買ってしまった・・・
でも、900円だから良いかな!

拍手[1回]

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]