忍者ブログ
インフォメーション
< 04月 2019年05月 06月 >
6 8 9 10 11
12 13 15
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
RSS
yuz_ブログ  >>  たべもの話

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

記 : まぜご飯
まぜご飯を先月下旬に作ったばかりだが、一昨日の日曜日にまた作った。
ほんとうは土曜日の予定であったが、僕と息子の思惑がハズレたので残念の気休めにした。
だが、まぜご飯を作った当日に息子は居ないので、僕が二日に分けて食べている。

  

この前は塩エンドウ豆を使ったが、今回は絹サヤがあったので切って混ぜた。
主な具材はニンジン、油揚げ、シイタケと細切り高野豆腐で、いつもどおり濃い味で煮てある。
盛り付けには絹サヤ切らずに使い、少し太めの錦糸玉子と言うより細切りに近い玉子にした。
少量の紅ショウガと桃色のおぼろを散らして、わずかにピリッとして甘い味を楽しめる。

まぜご飯に使う酢飯の酢加減を書いた事がないと思うので、今日は書き残しておく。
米一合に対して、酢 20ml 砂糖を酢と同じくらいの嵩 塩を砂糖の1/5くらいの嵩で合わせる。
最後は味見して加減するが、けっこう酢が強くなるように調整している。
僕は酢が強くない酢飯はマヌケな味で大嫌いなので・・・

拍手[1回]

記 : ふきのとう
昨日はふきのとうを買いに、少し離れた町まで出掛けた。
そして今日は、ふきのとう味噌を作った。

つい先日まで、ほんの僅か残っていた去年のふきのとう味噌。
母が少しずつ舐めるように、惜しがりながら食べていた。
明日からは、好きなだけ食べるがよい。
今なら、たくさんあるから。

今回は味噌をかなり少なめにして作ったが、味噌が多くても少なくても旨いと分かった。
だが、作りながら何度も味見をしたので、口中がすっかり苦みでやられた。
明日の朝ごはんでは、タップリと味わいたいと思う。

拍手[0回]

記 : おせち?
前の記事に母用の雑煮の詳細を書いたが、その他には正月風の物を出した。
今年はだいぶ省略して品数も少なく、作ったものはカボチャと生揚げの煮物だけ。
自分で言うのもどうかと思うが、カボチャはまるで栗のようにホクホク。
生揚げも柔らかで・・・



たいがい、ニンジン、ゴボウ、シイタケなど他にも煮物を作っていた。
今年は息子が体調不良で来られないと言うので、せいぜい自分が食べられるだけにした。
う~ん、かなり貧相なのだが、僕には十分であった。
本音を言えば、もともとオセチなんて好きではなかったからである。
なのに、なぜ息子が煮物好きなのか分からない。
たぶん、祖母である僕の母の味が「おふくろの味」になっているのだろう。

拍手[0回]

正月の餅を喉に詰まらせて死ぬのはみっともない恥さらしだと、母はいつも言っている。
そして数年前に、これからは正月の雑煮を食べないと宣言した。
でも、その二年後の正月には雑煮を食べていた。
やはり、餅の雑煮を食べさせたかったし。

餅を詰まらせない完璧な方法は分からないが、いろいろ試している。
結果として、今では次のように雑煮を作っている。

餅を小さなサイコロ状に切る。

 

オーブントースターで、カリっと焼く。
焼き上がりは「あられ」のような、カスカス感があるかなと。

  

鍋で雑煮の汁を作る。



お椀に餅を入れて、鍋の雑煮汁を注いで出来上がり。



餅を一つずつ食べるように気をつければ、餅は喉に詰まらないようだ。
ぜんぜん食べられないよりも、少しでも餅を味わいたいなら仕方がない事だ。

拍手[1回]

記 : 年越しそば
正月20日になって今さらであるが、年越しそばの写真がある事を思い出した。
相変わらずであるが、僕は年が明けてから食べたと思う。



僕一人なら天ぷらは要らないが、母には世間並のエビ天ぷらが良いと思う。
ところが買い物した店はエビ天が一本売りではなく、2本入りパックが最小単位であった。
もちろん一本売りの店もあるだろうが、大晦日はどこも大混雑なので何軒も買い歩けない。
こう言ってはなんだが、たかだか300円ほどで買えるエビ天の一本売りを探す気はない。
近場でさっさと買うのが上策で、大晦日の限られた時間に買い物に走り回るのは???

拍手[0回]

この正月三日あたりにドジョウを食べたのだが、母のリクエストで今日の昼食をドジョウにした。
我が家ではドジョウを丸のまま煮るので、母には骨が障るのでシューッとしごいて食べている。
時間があれば柳川のようにドジョウを割けば良いのだろうが、どうも僕には包丁さばきが難しい。
だから、今日も相変わらずの丸ドジョウの玉子とじで、ゴボウの香りが食欲をそそる。

昨年末はドジョウを買いに行くのが遅れて、500g欲しかったのだが150gしか買えなかった。
後になってその事が幸いして無駄にならなかったのだが、それは喜べない事態であった。

正月に息子が来る予定で、そのつもりでドジョウをたくさん買う事にしてあった。
ところが、いざ正月になると息子の健康状態が深刻でドジョウどころではなくなった。
本人はだいぶ落胆していたが仕方ない事であり、この次に期待しようと済ませた。

暮れのうちに息子から食べ物のリクエストがあり、いろいろ買っておいた。
カマボコ好きなので何本も買ったのだが、息子本人が来ないので無駄になってしまった。
期限が正月の10日くらいまでだったが、16日の今日も冷蔵庫に置いてある。
僕はカマボコ好きではないので、せいぜい半分も食べるとウンザリしてしまう。
ソバやうどんに入れて母に出したが、入れ歯を使わない母には硬いそうだ。
たしかに柔らかそうだが、歯が無ければ食べられそうにない。
少し期限が過ぎてしまったが、今日の肴は板わさにしようかと考えている。

拍手[0回]

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]