忍者ブログ
インフォメーション
< 01月 2020年02月 03月 >
1
2 3 6 7 8
9 11 12 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSS
yuz_ブログ  >>  たべもの話

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

記 : 味噌汁とか
今年の春から一人暮らしになってしまったが、食事作りに工夫が必要だと感じている。
このところ、味噌汁をどのように作るか、美味くて短時間で経済的に作る事を試している。
味噌汁は出来立てが美味いと言われているが、たしかに本当の事だと思う。
だが一人分量だけ作るのは、数人分を作るのと手間が変わらず効率が悪いと思う。

そこで試しているのが、インスタント味噌汁方式を真似て椀に湯を注ぐ作り方である。
椀に生みそと具材を入れて、ケトルなどで沸かした湯を注ぐだけ。
具材を乾物にすれば手間いらずで作れて、ごく短時間に食材の無駄が無くて経済的だ。
はじめからインスタント味噌汁を使う考えもあるが、それは不経済である。

たとえば、今は次のように味噌汁を作っている。
一椀分として生みそ20gと、具材として乾物のワカメと麩か高野豆腐を併せる。
生みそは1Kg袋入りが300円ほどで買えるので、一椀分が20gなら50椀分の量となる。
したがって一椀分の生みその価格は 300円 ÷ 50椀 = 6円。

具材は好みで使用量がハッキリしないが、一か月分が100円ほどで済んでいると思う。

  

たまには味噌汁でなく、とろろこんぶで醤油味の汁にしたり。
ひたしに茹でたほうれん草など菜っ葉を少し冷凍保存しておいて、具材に使ったりもする。
それでもインスタント式に飽きた日には、二人分量を鍋で作って残りを冷蔵庫で保存。
さすがに、味噌汁の残りを温めなおすと旨さ半減だが・・・

こんな感じで毎日の味噌汁を作ると、さほど苦も無く経済的だと思う。
味噌は一椀で6円だから一か月30日と30椀として180円、それに具材100円くらいを加算。
合計で280円なので、逆算すれば一椀あたり9円ちょいくらいだ。
インスタントの生みそタイプ味噌汁で一袋10円くらいもあるが、あれは具材がごく少ない。
それなら味噌と具材を自分で用意して作った方が、既製品より安くて具だくさんになる。

なにより、鍋を洗う事もないので、洗い物の手間や経費が省けて楽ちんだ。

拍手[0回]

記 : チキンカツ
ずっと前に鶏の胸肉を安いからと試しに買ったが、予想どおりパサパサで不味かった。
そこで厚い衣の唐揚げにしてみると、熱いうちならなんとか食べられるレベル。

以来、ずっと胸肉を使う事はなかったが、先日は久しぶりに胸肉を買って来た。
スーパーの売り場で胸肉を買う人が多いことに気付き、何故だろうと疑問を感じたからである。
たぶん低価格が一番の理由だと思うのだが、いったいどんな工夫で調理するのかと思った。

胸肉を買って来たものの、どのように使ったらよいのか?
冷蔵庫のチルドで保存していたが、なかなか調理する気にならず数日が経った。
鶏肉は傷みが早いと言うものの、チルド保存していたので何ともない。

やっと、あまり気乗りしないが、胸肉を使ってチキンカツを作る事にした。
その時にふと、チーズを挟んで焼いたらどうかと考えが浮かぶ。
カツだとパン粉つけたり面倒だからという思いがあるので、単にチーズ挟み焼きなら簡単だと。

胸肉を薄く切って広げて、前から手持ちの市販の細かく刻んだチーズをパラパラと挟んだ。
僕も考えなしだったので悪かったのだが、肉に粉を振るくらいで閉じなかったので問題が生じた。
焼いていると次第に傷口が開くかのように、肉の合わせめが広がりチーズが溶けて流れ出す。
少なくとも三分の一くらいは溶け出したと思うが、フライパンで焦げるほど焼けたチーズも旨い。
なんとか焼き上げた胸肉を食べてみると、パサつきはあるがコクが感じられた。
ただ、チーズなど別の食材を足して使うなら、低価格の胸肉を買った意味がないような。

そんな事を考えながら、翌日はチキンカツを揚げていた。
肉が厚いと硬いだろうからと薄切りにしたが、出来上がったチキンカツは旨かった。
次の機会には少し肉を厚めにスライスして、繊維切りをして揚げてみよう。



肉をかなり薄くスライスしたので、カツというよりもフライのようである。
まぁ、それでも胸肉がなんとか旨く食べられたので満足した。

拍手[0回]

記 : おから炒り
先日イワシの卯の花漬けを作ったが、おからの半分以下しか使わなかった。
その残りで何かを作ろうと考えていたのだが、つい忘れて生ゴミとして捨てた。
一人分だけの調理だと、おからやモヤシなど使い残しが多くなって捨てる事が多い。
どちらもとっても安い物なので、あまり気にしなくなってしまう。
おからは500gくらいの袋入りで50円だったが、いかにも量が多過ぎた。
それでも食べたくなれば買ってくる事になるし・・・

今回は、さつま揚げを使っておから炒りを簡単に作る事にした。
おから炒りは具材の準備が面倒だが、野菜入りさつま揚げを使えば手間いらず。
もしも、さつま揚げだけで物足りなければ、刻みネギを足せば良いと思う。
あまり追加が多いと簡単調理が本末転倒になるので、その辺りはよく考えて・・・

おから炒りの材料

おから 200g
野菜入りさつま揚げ 中サイズ8cm径くらい 2枚
めんつゆ 200ml 市販品で可 普段使いより少し薄めにする

* おから 水洗い
  布きん、カーゼ、不織布など水通しのよい袋におからを入れる。
  ボールを使って揉み洗いして流水すすぎを繰り返し、白い水が薄くなれば絞る。

  

* から炒り
  水洗いして強く絞ったおからをフライパンに移し、中火以上で炒って水分を飛ばす。



* さつま揚げを半分に切ってから薄くスライスして、から炒りしたおからと中火で炒る。
  初めは大きなさつま揚げが、炒っているうちに千切れて小さくなる。

  

* めんつゆで味付け
  フライパンのおから全体にめんつゆを振り掛けて、よく混ぜ合わせる。
  好みの炒り状態になったら出来上がり。

  

炒っている途中で味見をして濃ければ水を足し、薄ければ濃いめのめんつゆを足す。
味の調整はおからが熱いうちなら醤油でも砂糖でも、他に何でも好みで調整が出来る。
冷めると塩味を強く感じる事が多いので、食べる時の事を考慮すること。
ーーーーーーーーーーーーーーー

おから水洗いについては、我が家では昔からやっている事である。
ずっと前は茹でる事もあったが、さすがに面倒なので今は水洗いまでだ。

現代は衛生的になったと言うが、田舎の豆腐屋では環境もいろいろだろうし。
スーパーだろうが豆腐屋だろうが、水洗いしておけば間違いない事だ。
高い値段の国産ウナギが実は中国産だったとか、怪しい話は幾らでもあるから。

拍手[1回]

普通のカボチャが栗のようにホクホクで、甘辛の粉ふきになって美味しい。
オヤツにも最適、醤油の代わりに塩を使えばホントにお菓子みたい。



* 18cm径の鍋で煮る場合の材料
   カボチャ 小~中サイズ 半分
   砂糖 目分量
   醤油 30ml
   酒  20ml
   水  120ml
   * ダシ類は一切使わない
   * 醤油の代わりに塩を使う場合は、塩小さじ半分で水を醤油の分だけ増やす。

* 一口サイズに切ったカボチャを鍋に入れ、目分量で砂糖をまぶして混ぜる。
  好みでカボチャの面取りや一部の皮をむく。



* 砂糖をまぶして常温で6時間以上、可能なら12時間くらい置く。
  水分が出始めたら適宜何度か掻き混ぜて、砂糖水がまんべんなく掛かるようにする。

* カボチャの皮を下にして鍋に置き、醤油、酒、水を入れて中火で煮る。
  この時のカボチャは必ず平らに置いて、重ならないようにする。



* 煮汁が煮立てば弱火にして、アルミホイルの落とし蓋を置いて更に鍋の蓋をする。
  煮立ち具合を確かめてグツグツというくらいに火力を加減する。
  火力が強いと焦げたり、カボチャが柔らかくなる前に煮汁が無くなるので注意する。



* 13分間ほど煮たら煮え具合を確かめて、鍋の煮汁を捨てる。
  竹串をさしてゴリゴリしていたら、2分間くらいを限度に時間延長して煮る。
  煮汁が残らないほど煮てしまうと、かなり味が濃くなるので火加減に注意する。



* 煮汁を捨てた鍋を極弱火にかけて、静かにカボチャを揺すりながら表面を粉ふきにする。
  焦げないように粉ふきを終えた鍋底の様子。



* カボチャの粉ふきが出来たら容器に移して冷ます。



* まるで栗のようにホクホクで、それなのに皮はとても柔らかいので上出来だ。
  箸で割ってみると中もこのとおりホクホクしている(写真 右)

  


今回のカボチャ煮のコツは、煮立ってからと落とし蓋と鍋の蓋を併用して13~15分間を守る事。
煮汁を捨てるのが勿体ないが、ちょうど良い煮具合にするには仕方がない。
いつでも煮汁を残さず上手く煮上げる事は、とても難しいのである。

カボチャは煮過ぎると身割れしたり皮がはがれてしまうので、煮過ぎに注意すること。
ネットでカボチャ煮を検索すると身割れした画像があるが、あれは調理見本としてはダメだ!

拍手[1回]

このところ雨続きで気温も低く、農作物に悪影響が出ていると聞く。
我が家はの庭の端に面白半分でキュウリとナスを植えてあるが、今のところ特に何の事はない。
もともとデタラメな作り方なので、天候が良い年でも大した実りにはなっていなかったし。
http://yuz1.blog.shinobi.jp/Entry/2786/

今年は間違えて買ったナス苗のマー坊ナスを収穫したので、昨日の夕方にヌカ漬けを試した。
普通のナスなら丸一日を漬けるところだが、マー坊は細いので一晩で僕の好きな漬かりになった。
僕にとってナスのヌカ漬けはかなり難しい事なので、どうなるのか気掛かりである。
果たして、濃い紫が薄くなって漬かり、味は普通のナスと変わりないと思う。



今朝はマー坊ナスとキャベツの漬物で、旨い朝ご飯を頂いた。
ぬか味噌があると、いつでも漬物が食べられて良い!

拍手[0回]

記 : ポテトサラダ
どうしても食べたいポテトサラダの味があって、再現しようと何度も試している。
毎度の事ではないが、もう何十年間もポテトサラダを作る時に考えてしまう。
最近になって、よくあるポテトサラダの作り方とは全く違うのではないかと思った。

ネット検索すると、旨いポテトサラダを称するレシピがたくさんヒットする。
たとえばジャガイモを小さくコロコロにするとか、何々をどうするとか。
でも、レシピを見ただけで僕の望む味とは異なると分かる。

だから自分でいろいろ考え試して、やっと正解に近づいたと思った。
それは、マヨネーズがベースではなく、酢とキュウリの組み合わさった味であった。
まだまだ求めている味には遠いが、かなり近づいたと感じる。



今回はキュウリ、ニンジン、玉子を混ぜ込んだが、本来は玉子なしが求める姿である。
なお、実際に食べる時には玉ネギの薄切りを追加した。
本来の味とは違ってしまうが、玉ネギのツンとくるのが堪えられないから。

拍手[0回]

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]