忍者ブログ
インフォメーション
< 08月 2019年09月 10月 >
2 3
8 9 10 11 12 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
yuz_ブログ  >>  言いたい放題

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

ネットニュースで知ったのだが、山形のサクランボや水族館の来客が地震の影響で減ったそうだ。
それはいろいろ難儀すると思うが、客を呼び戻すのにサクランボや水族館に被害が無かったというだけでは心もとない。
だいたい大地震のあとは2週間くらいは余震が心配だし、まだ3日しか経っていないのに何を言っているのかと呆れてしまう。
いくら安全に配慮していると言われても、とてもじゃないが行く気にはなれない。

ニュースに登場している山形の人らは、本当に人の事を考えているのだろうか。
自分の収入が減って困るから、ただ来て欲しいとだけ思っていそうで怖い。

揺れても安全だと言われても、行楽に行った先で地震に遭いたくない。
ジェットコースターのように、スリルを味わいたい訳でもないし。
地震の事を軽く考えているのだろうな・・・
そんな愚か者のいる所など、誰が好んで行くものか!

拍手[0回]

記 : 積年の重荷
長く15年間ほど経つか、数えるのも嫌になる年月。
もっと辿れば、その倍の30年間近い話になる。
やっと重荷を下ろしたと思いたい。
これで終わりにする。

どこかに刺さったトゲが気になる毎日であったが、今はもう何もない。
見上げた空にどす黒い雲はなく、明るい空が広がっている感がある。
だからと言って、幸福感が湧くこともない。
やっと、尋常になったと感じるだけ。

拍手[0回]

記 : 注文確定せず
Amazonの価格表示が、インチキだ詐欺だとレビューで訴えている人がいる。
たしかに信じがたい怪しげな価格は存在しており、注文時によくよく注意が必要である。
「配送料無料」というのが危ない代表で、注文確定時にとんでもない送料を加算される事がある。

そもそも一つの商品に複数の販売者があり、それぞれの価格や送料が異なる場合がある。
これは一番の注意点であり、うっかり注文しようものなら酷い目にあう。



96円の商品に800円の送料なんて、とてもじゃないが・・・
しかもこの商品は、他の幾つかの販売者が送料込み150円くらいで販売している物である。
商品レビューに安くて★★★★★5と書いてあるのを見ると、つい勢いでポチっとしまいそう。
レビューには、販売者と価格について5W1H式での実態が書いていない事がほとんどだ。
過去には低価格の表示通りに購入できた事もあろうが、現在には通用しない認識が必要である。
もちろん価格以外の事についても、仕様変更されている事もある。

何事も安上がりにするのは、あんがい手間がかかってしまうものだ。
間違いないのは評判の良い有名メーカー製であるが・・・

拍手[0回]

記 : 長岡花火
一昨日の夜だったか母の部屋でTVを見たら、長岡の花火大会を放送していた。
そうか、長岡の花火大会の日が来たのかと懐かしく思った。
が、すぐにとても嫌な気分になった。

何故なら、大嫌いな平原綾香のジュピターという曲が流れていたからである。
声を十分に出せなく声質の悪い小学生が無理に唄っている感じで、とても不快になる歌である。
原曲が嫌いなのではなく、昔はTVの洋画劇場のテーマで心地よく聴いていた。
ところが平原綾香の唄は極端に上がったり下がったりで聴き難く、低音部はほとんど意味不明。
歌声も首を絞められながら歌っているかのようで、聴き手が苦しくなってしまうほど酷い。
ここまでの話は僕の感じ方なので、誰が何と言おうと変わらない。

さらに言えば、平原綾香であろうがなかろうが、花火に音楽をくっつけたのが嫌である。
花火はそれだけで素敵なもので、それに音楽を合わせる安易な考えがおかしい。
音楽と融合だと言うかも知れないが、下手な取り合わせは迷惑なだけ。

花火も音楽もそれぞれが単体で良いものであっても、人によって好き嫌いを感じる事もある。
それを組み合わせるとは、よほど上手くいけば大喝采だろうが・・・

久しぶりに長岡の花火を見たいと思ってはいたが、遠いところへ出掛けなくて良かったよ。
行程は何時間もかかり、宿泊もするだろうから旅費も高額になるはずだ。
それで嫌な思いをしたのなら、きっと怒り狂ってしまうだろう。

もっとも、今の家庭事情では花火見物をする時間もないのだが・・・

拍手[0回]

記 : そりゃ驚くわ
アメリカ軍のヘリや飛行機がいろいろ事故を起こして、各地の住民が驚いたり怒ったり。
船は沈むもの、飛行機は落ちるものと思えばなんでもない事なのだが・・・
さんざんアメリカ軍の事ばかり非難していたところ、自衛隊のヘリが民家に墜落して大騒ぎ。

軍隊関係に敏感なのは、日本では仕方がないのかも知れない。
そしたら今度は、戦闘機がタンクを落としたというニューズがあった。
少し前に沖縄でヘリコプターの窓が落ちたが、あれは事故と言えるだろう。
しかし今度の戦闘機のタンク落下は、故意に落としたらしい。

子供の頃に見た少年漫画の日本軍戦闘機は、空中戦の前にいつもタンク(増槽)を投棄していた。 漫画では洋上だったような気もするが、僕はタンクの行方が気掛かりだった。
タンクには燃料が入っているし、落下の衝撃でタンクが破裂して中の燃料がどうなるかとか。

そんな事はともかく、今回は・・・
きっと、タンクを落とさなければ危うい事が起きたのだろう。
タンクを落とす事があると知らない者は、そりゃ驚く事だと思う。
戦闘機が爆弾以外に落とす物があっただなんて!

僕は頭上を飛行機が通過するたびに、何か落ちるな落とすな墜落するなと思っている。
昔、米軍の戦闘機が民家に墜落して住民が悲しい事になってしまった。
その事が忘れられなくて、今でも頭上を飛ぶ飛行物に強い警戒心が出てしまう。
何事もなく安心した暮らしをしたいけど、やはり外からの脅威に丸腰という訳にもいかないし。

拍手[0回]

草津の火山が噴火して死者も出たそうだが、翌日には観光などの経済損失の話が出て呆れた。
観光キャンセルが相次ぎ大損失と言うのが、あまりにも身勝手だと思った。

想定外の噴火があって今後の事も分からないのに、たかだか数キロメートルしか離れていないのに。
いったい、何を根拠に安全宣言のような事を発する事ができるのだろうか?
よく考えれば、思いもしなかった所が噴火したのだからなぁ。
いつ温泉街のど真ん中から噴火するのかも分からないし、キャンセルの判断は正しいと思う。
命あっての物種だから、誰が何を言おうと僕ならキャンセルする。

損得の話をするならば、火山頼みの商売にリスクを考えていなかったのかと・・・
晴れの日もあれば雨の日もある、火山なら噴火する事もあるだろうし。
ハズレたと思って・・・

拍手[0回]

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]