忍者ブログ
インフォメーション
< 11月 2017年12月 01月 >
1
3 4 5 8 9
11 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
yuz_ブログ  >> 

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

年に一度くらいか、何かの拍子に耳に入る言葉「こんぴらふねふね」
三味線やら何やらの伴奏で聞こえて来る事もあり、その度に可笑しな感情を持った。
歌い出しの歌詞がそのまま題名になっているのが単純過ぎて、なんとも妙ちくりんな気にさせる。
もちろん歌い出しが題名のものは他に幾らでもあるが、この「こんぴらふねふね」は奇異に感じる。

「ふねふね」の部分が、幼子が言葉を重ねて繰り返す時のように、なんとも幼稚に響く気がする。
さらに、僕に限っての事だろうが、落語家の出囃子で三味線が調子ハズレに感じて可笑しいのだ。

「こんぴらふねふね」の歌詞は歌い出し以後はまったく知らないが、知りたいとは思わない。
人により「お池に帆立て~」と聞こえるようだが、たしかにそのように聞こえる。
まぁ、それで良いのではないかと思う・・・

「としのはじめのためしとて~」これは正月に聞く事があるが、やはり歌詞は知らない。
だからデタラメに口から出まかせにして

としのはじめのためしとて、おわりなごやはひとでもつ
まつたけたべて、ああうまい
きのう、きょうから、またあした

ところで、おわりなごやは城でもつんだよな・・・

拍手[0回]

コメント投稿フォーム
名前
タイトル
メール 非公開
URL あなたのHPやBlogなど
携帯絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント本文
パスワード
秘話コメント
 yuzだけに伝えるコメント
 

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]