忍者ブログ
インフォメーション
< 06月 2019年07月 08月 >
1 3 4
9 10 11 13
14 15 17
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
RSS
yuz_ブログ  >> 

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

記 : 母の最期
昨日の午後に僕が病院へ来るのを待っていたように、あっけなく母は死んでしまった。
朝から少しずつ容体が悪くなり始め、僕が着くころには危険な状態になっていた。
すでに意識はなくなっているのだろうか、話しかけても返事をしてくれない。

僕が親戚に電話で様子を知らせ戻ってくると、一分間も経たない目の前で急に脈が低下した。
呼吸は続けているが脈が途切れてしまい、ドラマで見る「ピーーー」という状態だ。
少しハァハァとした息遣いであったが、苦しそうではなかったと思う。

僕は母に呼びかける事もなく、傍に立つだけで静かに看取った。
ずっと前から母に言われていた事があり、そのとおりにしたのである。
もしも母が最期になったら大声で呼び戻したり、身体を揺すったりしないで欲しいと。
耳元で大声で叫ばれたらうるさいし、まして体を揺すられるのは堪らないから。
自分は死に際でうるさいと言えないだろうし、騒々しい中で死にたくない。

母を自宅に連れ戻して30分間くらい経ってから、仕事を切り上げた息子が帰って来た。
息子は母の死に顔を見て安らかだと言ながら、母の傍に座り込んでいた。
僕が母の部屋に入ろうとすると、強い口調でちょっと待ってくれと言われた。
暫く経って見た息子の顔は目を赤くして、それでも我慢をしているようだ。
さぁ、今夜は大酒でも飲もうと僕は言って、日付が変わる頃まで飲んだ。

拍手[0回]

コメント : お悔やみ申し上げます
俺だったら 泣き叫ばないけど 身体揺らすかな 苦しまないのが 救いですよね 苦しいんでたら 医者 やめて言ってる思います これから大変ですが頑張ってください  
  • ゲチェナ |
  •  2019/04/19 () 10:28 | 
  • 編集 |
  • 返信
yuz の返信 : ありがとうございます
長引いたりせず、あっという間に逝ってしまいました。
あんがいセッカチな性分の母だったのかと?

大声で呼ぶなという話をしたところ、臨終の場面で医師も看護師も大笑いしていました。
それでいいんです、あと12日ほどで96歳になる身が大往生でしょう。
もちろん、ホントは僕は悲しいんですけどね。

いま、いろいろと用事を済ませて一段落。
またすぐに別件を始めますが、僕は元気です。
お気遣いありがとうございます、落ち着いたらまたお願いします。
  • 2019/04/19 () 17:08 
コメント : 言葉もございません
お母様の回復を心より願ってきましたが、こんなにも早く
お別れすることになってしまった事、とても残念でなりません。

yuz様とお母様の絆はとても深いものだったと思います。
大病をされたお母様を支えてよくお世話なさって来られましたね?
本当にお疲れ様でした。

お淋しくなってしまわれましたが、どうかyuz様が平穏に暮らせる日が来ますように。。

遠くよりお母様のご冥福とyuz様のご多幸を心よりお祈りいたします。
  • たみ丸 |
  •  2019/04/19 () 16:53 | 
  • 編集 |
  • 返信
yuz の返信 : ありがとうございます
今、ゲチェナさんに返信を終えたところで、たみ丸さんの暖かいお言葉。
ほんとうに、ありがとうございます。
少し時間が迫っていますので、また後ほどご挨拶させて頂きます。
まずは、取り急ぎ・・・
  • 2019/04/19 () 17:13 
コメント投稿フォーム
名前
タイトル
メール 非公開
URL あなたのHPやBlogなど
携帯絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント本文
パスワード
秘話コメント
 yuzだけに伝えるコメント
 

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]