忍者ブログ
インフォメーション
< 11月 2017年12月 01月 >
1
3 4 5 8 9
11 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
yuz_ブログ  >> 

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

駐車場に車を停める時には、前からまたは後ろからと気分次第で停めている。
僕はどちらかと言うと、バックで駐車する方が真っ直ぐに停めやすい。
いつの頃からかメガネを使うようになってから、前進で駐車すると斜めになるのだ。
メガネで見える像に歪みがあるのだろう、どうやっても斜めになる。
一方バック駐車では、ドアミラーで仕切り線を見るので真っ直ぐに停められる。

ある時に、いつものようにバック駐車を始めたところ・・・
隣に駐車してある車が、退出するために動き始めた事がある。
その瞬間の僕は、自分が何をしているのか分からなくなってしまった。

ブレーキを踏んで止めたはずなのに、自分の車がバックし続けている?
ん? ペダルの踏み間違いか!

思う間もなく隣りの車が出払って、やっと普通の感覚に戻った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

似たような事は、電車に乗っている時にもある。
自分の乗っている電車が動いていないのに、隣の電車が先に動き始めた時など。
さも、自分の方が動いているように感じてしまう。

この錯覚は電車の時なら問題にならないが、自動車の運転ではとても危ない事である。
実際にペダルの踏み間違いを疑った事があり、その時に慌ててしまったらどうなった事か。
免許とりたての初心者ならともかく、運転に慣れた者ならペダルの位置を考える事はないはずだ。

手足が操作を覚えているというか、走る、止まると思うだけで体が反応する。
もしその時に意図しない結果が生じると、慌ててて頭が真っ白になるというか・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

止まるはずが止まらない、では隣のペダルを踏んでみようと反応したら大変だ。
となりのペダルはアクセルである、ブレーキのつもりで踏み込めば急加速してしまう。

普通に考えれば、ブレーキの踏み間違いなら左にあるペダルを踏み直すはず。
しかし左のクラッチペダルを右足で踏むには遠すぎるし、通常の足の動作範囲を超えている。
そうなると、慌てた挙句にアクセルを踏んでしまう恐れが多いのではないか。
ましてオートマならペダルが二つしかないし・・・

体で覚える事は効率が良いが、何か異変があった時に対処を誤る事がある。
これはいくら注意していようが、避けようが無い事だと思う。

アクセルを急ブレーキ時のように強く踏んだ場合は、加速しないようにするとか。
機械的な回避策を設けないと、事故を防げないのではないかと思う。

拍手[3回]

コメント投稿フォーム
名前
タイトル
メール 非公開
URL あなたのHPやBlogなど
携帯絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント本文
パスワード
秘話コメント
 yuzだけに伝えるコメント
 

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]