忍者ブログ
インフォメーション
< 11月 2017年12月 01月 >
1
3 4 5 8 9
11 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
yuz_ブログ  >> 

僕の毎日を、思い出として書き残す。
何一つ役立つものはないが・・・

記 : 看護婦さん
スラリと長身で、色白のツンとスマシ顔の看護婦さん。
包帯の巻き方はとても綺麗で手早くて、芸術品かと思うほど美しく見える。
さすが・・・

治療が終わって会計を済ませたあたりで、包帯が少し緩んで来たような気がする。
家に着いたころには、スッポリと包帯が輪になって抜けてしまった。
このまま、部屋に飾っておこうか?

次に治療をした時は、別の看護婦さん。
包帯が取れやすいと話すと、テープも使って工夫をしていた。
巻きは不揃いが目立つが、しっかりと巻かれている。
それは、いかにも怪我人だと主張するような仕上がりだった。

だがこの包帯は、一晩経っても緩まなかった・・・
ーーーーーーーーーーーーー

白衣高血圧?
病院で血圧を計ると、いつもより血圧が高くなる人がいるらしい。

僕は最近でこそ病院通いが多くなったが、それまでは病院はほとんど縁がなかった。
たまに行く病院で、まぶしい白衣の看護婦さんを見れば・・・
そりゃ、血圧が上がっても不思議ではない。

正面に向き合って腕を伸ばして、血圧を計り始める。
少しオッパイの大きな看護婦さんだと、ちょっと手が触れてしまったりする。
なおさら、血圧が上がってしまうと思うが。
ーーーーーーーーーーーーー

病院の待合に座り、ぼんやり周りを眺めていて気付いた事がある。
医者は立ったまま話すが、看護婦さんはしゃがんで目線で話している。
昔は薄暗い店の接客でよくあったが、今は普通の接客でもあたり前の光景だ。
病院も今や接客業の一つになっているのか・・・

拍手[0回]

コメント投稿フォーム
名前
タイトル
メール 非公開
URL あなたのHPやBlogなど
携帯絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント本文
パスワード
秘話コメント
 yuzだけに伝えるコメント
 

yuz_・・・ ブログをご覧の皆さまへ

このブログをご覧になって生じるいかなる問題に対しても、当方は一切の責任を負いません。


PR
忍者ブログ[PR]